コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松野勇雄 まつの いさお

2件 の用語解説(松野勇雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松野勇雄

国学者。名は達志・正心男・尚正、通称栄・盛枝、号は東海。尚志の次男。平田鉄胤門人。はじめ父に国学を学び皇漢学に精通する。国学院皇典講究所の設立に尽力した。宇佐八幡伊勢神宮神官を務める。明治26年(1893)歿、42才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松野勇雄 まつの-いさお

1852-1893 幕末-明治時代の国学者。
嘉永(かえい)5年3月29日生まれ。備後(びんご)広島藩三原城主浅野家の家臣松野尚志の次男。平田銕胤(かねたね)にまなぶ。宇佐神宮,皇大神宮の神職,神道事務局編輯専務などをつとめた。皇典講究所,国学院の創立に尽力し,「古事類苑」や雑誌「日本文学」の編集にあたった。明治26年8月6日死去。42歳。名は達志,尚正。通称は栄,盛枝。号は東海。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone