コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松野勇雄 まつの いさお

美術人名辞典の解説

松野勇雄

国学者。名は達志・正心男・尚正、通称栄・盛枝、号は東海。尚志の次男。平田鉄胤門人。はじめ父に国学を学び皇漢学に精通する。国学院皇典講究所の設立に尽力した。宇佐八幡・伊勢神宮神官を務める。明治26年(1893)歿、42才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松野勇雄 まつの-いさお

1852-1893 幕末-明治時代の国学者。
嘉永(かえい)5年3月29日生まれ。備後(びんご)広島藩三原城主浅野家の家臣松野尚志の次男。平田銕胤(かねたね)にまなぶ。宇佐神宮,皇大神宮の神職,神道事務局編輯専務などをつとめた。皇典講究所,国学院の創立に尽力し,「古事類苑」や雑誌「日本文学」の編集にあたった。明治26年8月6日死去。42歳。名は達志,尚正。通称は栄,盛枝。号は東海。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松野勇雄の関連キーワード国学者

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android