コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板チタン石 イタチタンセキ

2件 の用語解説(板チタン石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いた‐チタンせき【板チタン石】

二酸化チタンからなる鉱物。褐色・黒などで、ふつうは斜方板状あるいは柱状結晶。斜方晶系火成岩変成岩に含まれる。英国の鉱物学者H=J=ブルックにちなみ、ブルッカイトともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板チタン石
いたちたんせき
brookite

二酸化チタンの鉱物の一つ。ルチル(金紅石)、鋭錐石(えいすいせき)および赤荻石akaogiiteとは同質四像関係にあるが、安定関係は明らかにされていない。花崗(かこう)岩質ペグマタイト、アプライト、変成岩中の石英脈などの中に産し、多くは斜方板状あるいは柱状の自形をなす。外見上は、形態・色・産状などから識別される。英名はイギリスの鉱物学者ブルックHenry James Brooke(1771―1857)にちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の板チタン石の言及

【酸化チタン】より


[酸化チタン(IV)]
 化学式TiO2。構造の違う3種の変態が知られ,いずれも天然にルチル(正方晶系),板チタン石(斜方晶系),アナターゼ(正方晶系)として産する。またチタン鉄鉱の主成分でもある。…

【ルチル】より

…金紅石ともいう。チタンの重要な鉱石。化学組成はTiO2であるが,TiはNb,Ta,Fe2+,Fe3+により一部置換されている。また,アナタースanatase(鋭錐石ともいう),ブルッカイトbrookite(板(いた)チタン石ともいう)とは多形の関係にある。正方晶系。柱状,針状,しばしば輪座双晶を示し,もろい。赤褐色,赤色,ときに黄色,紫色,Fe3+,Nb,Taを含むものは黒色。ダイヤモンド光沢ないし金属光沢。…

※「板チタン石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

板チタン石の関連キーワード過酸化窒素金紅石酸化炭素酸化チタン二酸化窒素チタン工業二酸化チタン二酸化鉛炭化チタン塩化チタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone