コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板子 イタゴ

デジタル大辞泉の解説

いた‐ご【板子】

和船の舟底に敷く揚げ板。
「心は大浪にのる一枚の―の様に揺れる」〈漱石草枕
杉・ヒノキ・ケヤキなどのきわめて厚い板材。ふつう、厚さ5寸(約15センチ)、長さ6尺(約1.8メートル)が基準。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたご【板子】

和船の底に敷く揚げ板。
江戸時代の材種の一。主にヒノキ・スギ・ケヤキなどの、厚く挽いた板。挽き割って天井板や建具材料とする。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

板子の関連キーワードチェーンコンベヤスラットコンベヤ一寸下は地獄コンベヤ羽子板地獄大浪和船

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板子の関連情報