コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林雄二郎 はやし ゆうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林雄二郎 はやし-ゆうじろう

1916-2011 昭和-平成時代の官僚,社会工学者,未来学者。
大正5年7月27日生まれ。東京工業大電気化学科を卒業し,同大助手をへて,昭和17年技術院技官補となる。32年経済企画庁(現・内閣府に統合)総合計画局計画官。同庁調査局海外調査課長,経済研究所所長をへて,42年東京工業大教授。44年情報化社会の到来を予見した「情報化社会 ハードな社会からソフトな社会へ」を著し話題をよぶ。46年未来工学研究所所長。49年トヨタ財団専務理事。55年日本未来学会会長。63年東京情報大学長。平成11年日本NPO学会を創立し,会長。兄は歴史学者で東大総長をつとめた林健太郎。次男に作家の林望。平成23年11月29日死去。95歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

林雄二郎【はやしゆうじろう】

未来学者。東京都生まれ。1940年東京工業大学電機科学科卒業。42年技術院に入る。戦後は経済安定本部部員をへて,経済企画庁官僚。65年,下河辺惇,宮崎勇らと日本社会の発展のためのガイドライン〈林リポート〉をまとめ,経済界に大きな影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

林雄二郎の関連キーワードベル(Daniel Bell)脱工業化社会コンビナート社会工学成熟社会内閣府未来学工業

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android