コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李舜臣 りしゅんしんYi Sunsin

7件 の用語解説(李舜臣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李舜臣
りしゅんしん
Yi Sunsin

[生]明宗1(1545).漢陽
[没]宣祖31(1598).露梁
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の武将。京畿道開豊郡中面徳川里 (旧徳水県) 出身。字は汝諧。諡は忠武。宣祖9 (1576) 年武科に及第。同 24年全羅左道水軍節度使となり,亀甲船を創作するなど軍備拡充に努めた。翌年壬辰の倭乱 (→文禄・慶長の役 ) が起ると,水軍を率いて玉浦,閑山島,釜山浦などで日本水軍を撃破,制海権を掌握。この功により水軍統制使に任命された。同 30年元均の誣告で官職を奪われたが,同年日本軍の再侵略に際し,元均が閑山島の海戦で敗れたのち,再び水軍統制使になり,明の水軍と協力して日本水軍を破った。しかし同 31年露梁の海戦で流弾に当り戦死。左議政,のちに領議政に追贈された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐しゅんしん【李舜臣】

[1545~1598]李氏朝鮮の武将。徳水の人。字(あざな)は汝諧(じょかい)。諡号(しごう)は忠武。1591年、全羅左道水軍節度使となる。92年、壬辰(じんしん)の乱(文禄の役)で日本水軍を撃破、丁酉(ていゆう)の乱(慶長の役)でも善戦したが、露梁(ろりょう)海戦で戦死。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

李舜臣【りしゅんしん】

朝鮮,李朝の名将。全羅左道水軍節度使となり,文禄の役のとき表面を固い板で覆った亀甲(きっこう)船を使って日本船を撃破。慶長の役では水軍の総帥として明軍とともに活躍するが,小西行長救援の島津勢の銃弾にたおれ戦死。
→関連項目温陽温泉統営釜山タワー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李舜臣 り-しゅんしん

1545-1598 朝鮮王朝の武将。
仁宗元年3月8日生まれ。1576年武科に及第,1591年柳成竜の推挙で全羅左道水軍節度使となる。翌年豊臣秀吉の第1次朝鮮出兵(文禄(ぶんろく)の役)の際,亀甲船をつかい,日本軍の補給路をたち功をたてるが,のち讒言(ざんげん)により罷免される。1597年秀吉の第2次出兵(慶長の役)で再起用され,日本軍追撃に活躍するが,宣祖31年11月19日の島津勢との戦いで戦死。54歳。救国の英雄として忠武公の名をおくられた。字(あざな)は汝諧。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りしゅんしん【李舜臣 (R)I Sun‐sin】

1545‐98
朝鮮,李朝の名将。字は汝諧。諡号(しごう)は忠武。徳水の人。1576年武科に合格し,柳成竜の推挙で91年2月全羅左道水軍節度使となる。壬辰倭乱(文禄の役)に際し,亀甲船をつくり,当時,斬り込みを中心とする接舷戦法が基本となっていた海戦で火砲戦法を用い,構造的に竜骨を用いず船体の弱い日本海軍に閑山島沖などで連勝した。その功により93年8月,三道(慶尚・全羅・忠清)水軍統制使に任ぜられたが,97年1月,慶尚右道水軍節度使元均らの中傷により無実の罪で捕らえられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りしゅんしん【李舜臣】

1545~1598) 朝鮮王朝中期の武将。豊臣秀吉の二度にわたる朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に対し、水軍を率いて奮戦し日本水軍を玉浦などで撃破した。小西行長の撤退を防ごうとして露梁で戦死。イ=スンシン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李舜臣
りしゅんしん
(1545―1598)

朝鮮、李朝(りちょう)、壬辰(じんしん)・丁酉倭乱(ていゆうわらん)(豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮侵略)における水軍の名将。徳水の人。字(あざな)は汝諧(じょかい)。貞の子。漢城(ソウル)に生まれ、1576年武科に及第した。女真(じょしん)との戦いに軍功をたて、柳成龍(りゅうせいりゅう)の推薦を受けて91年に全羅左道水軍節度使となった。船上に蓋(ふた)をのせ錐(すい)刀を装備した亀甲(きっこう)船を建造して防備に努め、翌92年壬辰の乱が起こると慶尚左道水軍節度使の元均を救援して、日本水軍を玉浦、唐浦、唐項浦、閑山島、釜山(ふざん)など慶尚道海域に連破した。その大勝により朝鮮軍は制海権を確保し、戦局を転換して日本の侵略を挫折(ざせつ)させる機をつくりだした。宣祖は舜臣の軍功を厚く賞し、93年忠清全羅慶尚三道水軍統制使を兼職させて全水軍の指揮をゆだねた。97年丁酉の乱には、初め元均の讒言(ざんげん)により統制使を罷免されたが、元均の敗死後に再起用され、少数の兵力により善戦して日本水軍を圧迫し、98年11月露梁(ろりょう)の戦いに大勝したが弾丸にあたって戦死した。忠武公と諡(おくりな)を贈られ、救国の名将として長く追慕された。[糟谷憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の李舜臣の言及

【忠武】より

…文禄の役(壬辰の乱)のとき大海戦の戦場となり,以来水軍の本拠地となった。長く統営とよばれていたが,1955年水軍の将李舜臣の号をとり忠武市となり,のち古名に戻った。漁業のほか缶詰などの食品工業があり,それに特産物の螺鈿,漆器でも知られている。…

【文禄・慶長の役】より

… 緒戦における日本軍の勝因としては,(1)当初,朝鮮の地方長官や軍隊の指揮官の多くが日本軍に抵抗せず,戦争を回避したり逃亡したこと,(2)日本軍は戦国時代を経て戦争になれていたうえ,朝鮮側にない鉄砲(鳥銃)を使用したこと,(3)朝鮮政府の封建的支配に不満を抱く民衆や軍卒の間に,朝鮮の支配層に対する反抗や日本軍への協力(附倭)が現れ,当初,民族的結集に困難が生じたこと,などがあった。しかし海上では,92年5月から李舜臣の率いる朝鮮海軍が活躍し,5月末には亀甲船(きつこうせん)も登場,92年7月の海戦で日本海軍は大敗北をこうむった。以後,日本軍は海上補給路をおびやかされるようになる。…

※「李舜臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

李舜臣の関連キーワードルートウィヒ鳥谷敬梅の日浅井長政板倉勝重ドレークトレントポトシ増田長盛マラウイ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李舜臣の関連情報