コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳江人 りゅうこうじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳江人
りゅうこうじん

中国南部,広西壮族自治区柳江県の洞窟で 1958年に発見された新人の化石。熟年の男性で,頭蓋のほかに椎骨,肋骨,寛骨大腿骨が出土している。文化遺物は発見されていない。周口店の山頂洞人に比べると身長が低く,顔面骨格が広型であり,正確な年代はまだわかっていないが,日本列島の港川人縄文時代人に比較的近い形態をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうこうじん【柳江人】

1958年に中国、広西壮族自治区柳江県の洞窟で発見された更新世後期の化石人骨。新人に属する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柳江人の言及

【縄文人】より

…地方差については,小片保は日本列島を二分して,東北部と西南部の縄文時代後期人を比較し,前者は後者よりも顔面が高く,長身であることを見いだしたが,その差は著しいものではない。
[縄文人の系統]
 山口敏は,縄文人は同時代の華北新石器時代人よりも,後期旧石器時代の華南の柳江人と類似していることを証明し,農耕民である華北新石器時代人は,早くから現代人的な形態特徴をもっていたが,縄文人は狩猟,漁労,採集を基盤とする生活を続け,旧石器時代人的な形態特徴を長く保持していた集団であろうと述べている。鈴木尚は,洪積(更新)世人類である沖縄の港川人が華北の上洞人よりも華南の柳江人や縄文人に近いことを明らかにし,〈港川人は柳江人とはいとこの関係にあると同時に,縄文人の遠い祖先と見なすことができそうである〉と述べている。…

※「柳江人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳江人の関連キーワードホモ・サピエンス呉汝康

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android