コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳沢保光 やなぎさわ やすみつ

美術人名辞典の解説

柳沢保光

江戸後期の大和郡山藩主。初名は安信、甲斐守と称し、尭山と号する。和歌を冷泉家に学び、また茶道を能くする。最も陶業に力を注ぎ、清水の陶工伊之助・治兵衛らを招いて茶器を作らせ、郡山の陶業をして面目をわがものとした。文化14年(1817)歿、65才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳沢保光 やなぎさわ-やすみつ

1753-1817 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦3年4月4日生まれ。柳沢信鴻(のぶとき)の子。安永2年大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主柳沢家3代となる。石州流の茶の湯に造詣(ぞうけい)がふかく,赤膚(あかはだ)焼を復興して陶業を奨励。松平治郷(はるさと)らと親交をむすび,茶に関する多数の書簡が「柳沢文庫」にのこる。文化14年1月20日死去。65歳。初名は安信,保明。号は尭山(ぎょうざん),岳乗庵。著作に「蘇明(そめい)漫筆」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳沢保光の関連キーワード治兵衛(2)柳沢光邦中川久貴柳沢里顕柳生俊順柳沢尭山青木宗平柳生俊豊柳沢保泰

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android