コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴山矢八 しばやま やはち

2件 の用語解説(柴山矢八の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴山矢八 しばやま-やはち

1850-1924 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)3年7月13日生まれ。柴山良助,柴山愛次郎の弟。東郷平八郎の従弟。海軍にはいり,初代の水雷術練習所長,水雷局長となり,水雷技術の向上につくす。のち筑波艦長,横須賀鎮守府参謀長,佐世保鎮守府司令長官,常備艦隊司令長官,海軍大学校長などを歴任。明治38年海軍大将。大正13年1月27日死去。75歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

柴山矢八

没年:大正13.1.27(1924)
生年:嘉永3.7.13(1850.8.20)
明治大正期の海軍軍人鹿児島(薩摩)藩士柴山良庵の次男。東郷平八郎の従弟。海軍少将柴山昌生は嗣子。明治4(1871)年藩の選抜で米国に留学,7年に海軍中尉。英国教師ダグラス海軍中佐に水雷術を学ぶ。のち海兵隊(海軍陸戦隊)長として,8年江華島事件の際は,砲兵1小隊を指揮して弁理大臣黒田清隆を警護した。9年萩の乱には「浅間」艦で出動し,10年西南戦争には「筑波」艦で戦地に回航した。12年初代の水雷練習所長,16年同所改変に伴う水雷局長として,初期の水雷術発展に貢献した。19年海相西郷従道に随行して欧米に出張。「筑波」艦長,巡洋艦高千穂」艦長,海軍兵学校長等を経て27年少将。日清戦争中は佐世保鎮守府司令長官,30年中将に進んだ。精悍豪爽で新知識に富む海上の戦将,軍政家だった。山本権兵衛ら「本省派」と対抗する「艦隊派」の中心人物。海軍大学校長,日露戦争中は呉鎮守府司令長官,旅順口鎮守府司令長官を務めて38年大将。旅順口鎮守府司令長官時は同港内の沈没したロシア艦の引き上げ作業に携わり,海軍の艦艇勢力増加に努めた。大正4(1915)年退職。男爵。<参考文献>松下芳男『日本軍閥の興亡』,外山操『陸海軍将官人事総覧(海軍編)』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柴山矢八の関連キーワード伊集院兼寛肝付兼行伊集院五郎伊集院俊児島惣次郎実吉安純鮫島重雄野間口兼雄野元綱明原田宗介

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone