コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴生田稔 しぼうた みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴生田稔 しぼうた-みのる

1904-1991 昭和時代の歌人,国文学者。
明治37年6月26日生まれ。「アララギ」にはいり,斎藤茂吉に師事。昭和16年歌集「春山(はるやま)」を刊行,清純な叙情の作風で注目される。41年「入野(いりの)」で読売文学賞。明大,駒沢大教授をつとめ,茂吉研究家としても知られた。ほかに歌集「麦の庭」,評伝「斎藤茂吉伝」など。平成3年8月20日死去。87歳。三重県出身。東京帝大卒。
【格言など】思ひ見ればわれの命もこの一つの眼鏡を無事に保てるごとし(「麦の庭」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴生田稔
しぼうたみのる
(1904―1991)

歌人、国文学者。三重県生まれ。東京帝国大学国文科卒業。1927年(昭和2)『アララギ』に入り、斎藤茂吉(もきち)に師事し、1941年歌集『春山』刊行。清純な叙情と知的な詠風により注目された。その後の歌集に『麦の庭』(1961)、『入野』(1965)、『冬の林に』(1982)などがあり、第二次世界大戦後の社会を鋭い目で見つめつつ詠じた。また『斎藤茂吉伝』『続斎藤茂吉伝』を著し、精密な評伝を書き上げた。明治大学、駒沢(こまざわ)大学教授を歴任。
 民族の逃るべからぬ伝統と帰りゆくとき人はやすきか[宮地伸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柴生田稔の関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)6月26日アララギ派宮地伸一

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android