コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴生田稔 しぼうた みのる

2件 の用語解説(柴生田稔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴生田稔 しぼうた-みのる

1904-1991 昭和時代の歌人,国文学者。
明治37年6月26日生まれ。「アララギ」にはいり,斎藤茂吉に師事。昭和16年歌集「春山(はるやま)」を刊行,清純な叙情の作風で注目される。41年「入野(いりの)」で読売文学賞。明大,駒沢大教授をつとめ,茂吉研究家としても知られた。ほかに歌集「麦の庭」,評伝「斎藤茂吉伝」など。平成3年8月20日死去。87歳。三重県出身。東京帝大卒。
【格言など】思ひ見ればわれの命もこの一つの眼鏡を無事に保てるごとし(「麦の庭」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴生田稔
しぼうたみのる
(1904―1991)

歌人、国文学者。三重県生まれ。東京帝国大学国文科卒業。1927年(昭和2)『アララギ』に入り、斎藤茂吉(もきち)に師事し、1941年歌集『春山』刊行。清純な叙情と知的な詠風により注目された。その後の歌集に『麦の庭』(1961)、『入野』(1965)、『冬の林に』(1982)などがあり、第二次世界大戦後の社会を鋭い目で見つめつつ詠じた。また『斎藤茂吉伝』『続斎藤茂吉伝』を著し、精密な評伝を書き上げた。明治大学、駒沢(こまざわ)大学教授を歴任。
 民族の逃るべからぬ伝統と帰りゆくとき人はやすきか[宮地伸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柴生田稔の関連キーワード国文足立公平伊能秀記上田英夫大井広佐佐木治綱島田尺草高崎正秀谷邦夫藤川忠治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone