コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田 南雄 Shibata Minao

2件 の用語解説(柴田 南雄の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

柴田 南雄

東京生まれ。東京帝国大学理学部植物学科卒業後、同文学部美術史学科に入学。その間作曲を諸井三郎に師事する。卒業後1946年に、入野義朗らと「新声会」を結成。48年からは、井口基成らと「子供のための音楽教 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

柴田 南雄
シバタ ミナオ

昭和・平成期の作曲家,音楽評論家 元・東京芸術大学教授。



生年
大正5(1916)年9月29日

没年
平成8(1996)年2月2日

出生地
東京都千代田区

出身地
東京都新宿区

学歴〔年〕
東京帝国大学理学部植物科〔昭和14年〕卒,東京帝国大学文学部美学美術史学科〔昭和18年〕卒

主な受賞名〔年〕
毎日音楽賞〔昭和24年〕,尾高賞(第22回)〔昭和48年〕,芸術祭賞優秀賞(第32回 昭52年度)「オルガンのための『律』」,サントリー音楽賞(第13回)〔昭和56年〕,紫綬褒章〔昭和57年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和63年〕,京都音楽賞(第4回)〔平成1年〕,文化功労者〔平成4年〕,有馬賞(第12回)〔平成4年〕,歴程賞(第32回)〔平成6年〕,京都音楽賞(特別賞 第11回)〔平成8年〕

経歴
昭和18年理研科学映画に入社、文化映画音楽を作曲。27年桐朋女子高校講師、お茶の水女子大学講師、34年東京芸術大学助教授、41年教授を歴任し、44年退官。その後59年〜平成2年放送大学教授を務めた。一方、諸井三郎に師事し作曲を志す。戦後入野義朗らと“新声会”を結成、歌曲集「優しき歌」などの抒情的作曲を発表。昭和32年黛敏郎らと“二十世紀音楽研究所”を結成。35年頃から12音技法による「シンフォニア」などの前衛音楽に向う。47年高橋悠治、武満徹らと“トランソニック”を結成。現代音楽の紹介、音楽史などの評論でもすぐれた業績を残す。代表曲に交響曲「ゆく河の流れは絶えずして」「コンソート・オブ・オーケストラ」、合唱曲「追分節考」「宇宙について」、著書に「西洋音楽の歴史」「音楽の理解」「音楽は何を表現するか」「王様の耳」「印象派以降」「グスタフマーラー」「聴く歓び」「声のイメージ」、「人間について」3部作など多数。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柴田 南雄の関連キーワード帝国大学東京大学三好学白井光太郎坂倉準三(1901~69)戸田 邦雄諸井 三郎松下 真一別宮 貞雄箕作 秋吉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴田 南雄の関連情報