栄子内親王(読み)まさこないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栄子内親王 まさこないしんのう

1673-1746 江戸時代前期-中期,霊元天皇の第3皇女。
寛文13年8月23日生まれ。母は新上西門院。貞享(じょうきょう)3年内親王となり,同年二条綱平(つなひら)と結婚。書画をよくした。延享3年3月23日死去。74歳。幼称は女二宮。

栄子内親王 ひでこないしんのう

えいしないしんのう

栄子内親王 えいしないしんのう

?-? 鎌倉-南北朝時代,後二条天皇(在位1301-08)の皇女。
兄に祐助法親王,聖尊法親王がいる。名は「ひでこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android