コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗林一石路 くりばやし いっせきろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗林一石路 くりばやし-いっせきろ

1894-1961 明治-昭和時代の俳人。
明治27年10月14日生まれ。荻原井泉水(おぎわら-せいせんすい)の「層雲」に参加。のちプロレタリア俳句を提唱,昭和16年新興俳句弾圧事件で検挙される。21年新俳句人連盟を結成し,幹事長。昭和36年5月25日死去。66歳。長野県出身。本名は農夫(たみお)。句集に「シャツと雑草」,評論に「俳句芸術論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗林一石路
くりばやしいっせきろ
(1894―1961)

俳人。長野県青木村に生まれる。本名農夫(たみお)。1911年(明治44)『層雲』を創刊した荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)の主張に共鳴し、23年(大正12)上京、中心的な層雲作家となった。30年(昭和5)『旗』を創刊してプロレタリア俳句を唱え、『層雲』を離れ、34年『俳句生活』の同人となる。41年、俳句弾圧事件により検挙されたが、第二次世界大戦後「新俳句人連盟」を結成、その代表となった。句集『シャツと雑草』(1929)、俳論『俳句芸術論』(1948)、『俳句と生活』(1951)などがある。[伊澤元美]
 シャツ雑草にぶっかけておく
『中野重治編『栗林一石路句集』(青木文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の栗林一石路の言及

【自由律】より

…これが自由律俳句運動のおこりで,1914年(大正3)には荻原井泉水が俳誌《層雲》でいっそう大胆な自由表現と季題無用論を唱えて加わり,さらに17年には河東碧梧桐も口語表現のさけがたいことを論じて運動に投じた。これを俳誌の面からいえば,前記《第一作》の後身《海紅(かいこう)》と《層雲》を主流として,碧梧桐の《碧》《三昧》,栗林一石路らの《俳句生活》を加えたものが自由律俳句の流れであった。しかし碧梧桐,一碧楼の没後は《層雲》が主流となり,これに新俳句人連盟の機関誌《俳句人》の一部,吉岡禅寺洞の《天の川》などが加わり第2次世界大戦後の自由律俳句を推進した。…

【層雲】より

…当初は河東碧梧桐らの新傾向俳句に呼応,また,ドイツ文学を中心にした翻訳紹介に力を注いだが,1912年ごろから〈真実を求むる心〉(井泉水)のリズムをそのままに書きとめる自由律俳句を提唱,尾崎放哉種田山頭火,野村朱鱗洞(1893‐1918)らが輩出した。昭和初期にはプロレタリア文学の影響下に,栗林一石路(1884‐1961),橋本夢道(1903‐74)らも出た。【坪内 稔典】。…

※「栗林一石路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

栗林一石路の関連キーワード横山 林二昭和時代橋本夢道

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android