コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻原井泉水 おぎわら せいせんすい

8件 の用語解説(荻原井泉水の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荻原井泉水

俳人。東京生。名は藤吉、別号に愛桜・随翁。河東碧梧桐新傾向俳句運動に参加し、「層雲」を創刊する。作風は、季題を廃止した印象的な自由律で、門人に種田山頭火尾崎放哉らがいる。句集に『原泉』『長流』等がある。昭和51年(1976)歿、91才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おぎわら‐せいせんすい〔をぎはら‐〕【荻原井泉水】

[1884~1976]俳人。東京の生まれ。本名、藤吉。河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)とともに新傾向俳句を唱え、俳誌「層雲」を創刊。自由律俳句を確立。句集「原泉」「長流」、評論「旅人芭蕉」「奥の細道評論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荻原井泉水【おぎわらせいせんすい】

俳人。本名藤吉。東京生れ。東大言語学科卒。河東碧梧桐の新傾向俳句運動に参加し,1911年俳誌《層雲》を創刊。のち季題を廃し定型を捨てて自由律俳句を確立した。尾崎放哉,種田山頭火らがここから出た。
→関連項目尾崎放哉種田山頭火中塚一碧楼俳句

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻原井泉水 おぎわら-せいせんすい

1884-1976 明治-昭和時代の俳人。
明治17年6月16日生まれ。河東碧梧桐(へきごとう)の新傾向俳句運動に参加し,明治44年句誌「層雲」を創刊する。のち碧梧桐と対立,無定型自由律俳句をとなえて俳壇に大きな影響をあたえる。門下に種田山頭火(さんとうか),尾崎放哉(ほうさい)ら。昭和40年芸術院会員。昭和51年5月20日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。本名は藤吉。別号に愛桜。著作に「俳句提唱」,句集に「原泉」「長流」など。
【格言など】空をあゆむ朗朗と月ひとり(「原泉」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おぎわらせいせんすい【荻原井泉水】

1884‐1976(明治17‐昭和51)
俳人,著述家。東京生れ。本名藤吉(とうきち)。小学生時代から俳句に親しんだが,東京帝大では言語学を専攻,1910年に翻訳《ゲエテ言行録》を処女出版した。このころ,河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)らの新傾向俳句運動に共鳴,11年に俳句雑誌《層雲》を創刊してその運動の一翼を担った。しかし,同誌に発表した評論〈昇る日を待つ間〉(1913)などで,新傾向から自由律への展開を示唆,碧梧桐らと分かれて,感動を自由なリズムで書きとめる自由律俳句リーダーとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おぎわらせいせんすい【荻原井泉水】

1884~1976) 俳人。東京生まれ。本名、藤吉。東大卒。東洋哲学を基に自由律俳句の実作と理論づけに活躍。「層雲」を主宰。俳論集「俳句提唱」、句集「原泉」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻原井泉水
おぎわらせいせんすい

[生]1884.6.16. 東京
[没]1976.5.20. 鎌倉
俳人。本名,藤吉。第一高等学校を経て 1908年東京大学言語学科卒業。ゲーテエピグラムシラーの2行詩から俳句の理論を発見,河東 (かわひがし) 碧梧桐の新傾向俳句運動に参加,雑誌『層雲』にその新理論を発表,さらに季題無用論を唱えたことで碧梧桐らと分裂,以後同誌を主宰して尾崎放哉,種田山頭火ほか多くの俊才を育てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻原井泉水
おぎわらせいせんすい
(1884―1976)

俳人。明治17年6月16日、東京・芝神明町(現港区浜松町)に生まれる。本名藤吉(とうきち)。中学時代より作句し、1901年(明治34)旧制第一高等学校に入学し、角田竹冷(つのだちくれい)の秋声会、岡野知十(ちじゅう)の半面派に関係し、のち正岡子規の日本派に参加し一高俳句会をおこした。05年東京帝国大学言語学科入学、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)の新傾向俳句運動に加わり、従来の俳号愛桜(あいおう)を井泉水と改めた。08年東大卒業。碧梧桐と11年4月『層雲』を創刊したが、季題について意見を異にする碧梧桐が大正初頭同誌を去り、井泉水は季題と定型を揚棄した自由律俳句を唱え、門下から野村朱鱗洞(しゅりんどう)、芹田鳳車(せりたほうしゃ)、尾崎放哉(ほうさい)、種田山頭火(さんとうか)らの作家を出した。句集に『原泉』(1960)、『長流』(1964)、『大江』(1971)、主著に『俳句提唱』(1917)、『新俳句研究』(1926)、『旅人芭蕉(ばしょう)』正続(1923~25)、『奥の細道評論』(1928)など。65年(昭和40)芸術院会員。昭和51年5月20日没。[伊澤元美]
 わらやふるゆきつもる
 棹(さお)さして月のただ中
『『日本詩人全集30』(1969・新潮社) ▽荻原井泉水著『この道六十年』(1978・春陽堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の荻原井泉水の言及

【新傾向俳句】より

…(3)第3期 この趨勢を批判し,乙字は人事は季題にすべからずとして臼田亜浪の《石楠(しやくなげ)》により季題尊重の側に立った。荻原井泉水も11年《層雲》を創刊し,定型と季題を止揚して生命の律動を詠む自由律を提唱,碧梧桐と別れた。一碧楼は季題と形式にとらわれない自由表現を唱え,碧梧桐とともに15年《海紅》を創刊した。…

【層雲】より

…俳句雑誌。荻原井泉水主宰。1911年(明治44)4月創刊,44年4月終刊。…

※「荻原井泉水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

荻原井泉水の関連キーワード萩原蘿月室積徂春相羽仙夫金森匏瓜小島文器後藤夜半沢田はぎ女相馬遷子福井雨郷富士崎放江

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻原井泉水の関連情報