コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根尾谷断層 ネオダニダンソウ

百科事典マイペディアの解説

根尾谷断層【ねおだにだんそう】

1891年10月28日の濃尾地震の時に生じた断層(特別天然記念物)。岐阜県南部の関付近から根尾谷を通って福井の方へ,およそ北西−南東方向をもち,延長80km。この断層に沿って,北東部が北西へ南西部が南東へ移動する横ずれ(最大左横ずれ8m)と同時に,北東部が沈下した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねおだにだんそう【根尾谷断層】

1891年(明治24)10月の濃尾地震の際,地表に変位を現した日本最大の地震断層。北西端の福井県今立郡池田町野尻から南西端の岐阜県関市付近まで,長さ約80km,最大変位量は左ずれ約8mである。垂直変位は,おおむね断層線の北東側が相対的に沈下しているにもかかわらず,最大変位6mを示す岐阜県本巣郡根尾村水鳥(みどり)の根尾谷付近では逆になっている。数本の断層に分かれており,これを合わせて根尾谷断層系ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねおだにだんそう【根尾谷断層】

1891年(明治24)の濃尾地震を発生させた断層。ほぼ北西-南東方向の走行で、総延長およそ100キロメートル にも及ぶ。この時、本巣市根尾水鳥みどりに生じた高さ6メートル、横ずれ2メートル の断層崖はその一部で、国の特別天然記念物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根尾谷断層
ねおだにだんそう

岐阜県西部の能郷白山(のうごうはくさん)付近から本巣市(もとすし)根尾を経て岐阜市北西部付近に至る、長さ約35キロメートルの左横ずれ活断層。国内史上最大級の内陸直下型地震である1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震(マグニチュード8.0)の際には、隣接する温見(ぬくみ)断層、梅原断層などともに活動し、最大左横ずれ約8メートルにおよぶ地表変位が生じた。とくに、現在の本巣市根尾水鳥(みどり)付近に出現した高さ約6メートルの断層崖(がい)は、当時、東京帝国大学教授であった小藤文次郎(ことうぶんじろう)の英文論文でその鮮明な写真が紹介されたこともあり、地震断層の典型例として世界的に有名である。なお、濃尾地震時に活動した他の左横ずれ活断層も含めて根尾谷断層帯とよぶことがある。[金田平太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

根尾谷断層の関連キーワード岐阜県本巣市根尾水鳥岐阜県本巣市田中館 愛橘横ずれ断層小藤文次郎本巣(市)根尾[村]根尾〈村〉越美山地中部地方水鳥断層阿寺断層活断層根尾川本巣市

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根尾谷断層の関連情報