コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根尾谷 ねおだに

4件 の用語解説(根尾谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根尾谷
ねおだに

岐阜県西部,揖斐川の支流根尾川中流部にある河谷。大部分は本巣市根尾に属する。 1891年の濃尾地震により生じた根尾谷断層 (→水鳥断層 ) は 1952年特別天然記念物に指定。古くからの林業地で,人工造林の美林が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねお‐だに〔ねを‐〕【根尾谷】

岐阜県西部、本巣(もとす)市の根尾川上流域の称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねおだに【根尾谷】

岐阜県西部、根尾川の上流域の通称。美濃と越前とを結ぶ、古くからの交通路。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根尾谷
ねおだに

岐阜県南西部、越美(えつみ)山地を南流する根尾川の上流域にあたる谷。その最上流部から下流の根尾川東岸は本巣(もとす)市に、西岸は揖斐(いび)郡揖斐川町および大野町に属する。1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震のとき発生した、本巣市根尾水鳥(みどり)の活断層は有名である。かつては越前(えちぜん)との交流の多かった最奥部の諸集落は廃村化している。本巣市の根尾能郷の猿楽(さるがく)狂言、揖斐川町の谷汲徳積(たにぐみとくづみ)の古刹(こさつ)華厳(けごん)寺や谷汲踊りも有名。樽見(たるみ)鉄道延長開通(1989)で、地域の活性化が期待されている。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の根尾谷の言及

【根尾川】より

…本巣町山口で濃尾平野に出て扇状地を形成,扇端部で揖斐川に合流する。上流域は根尾谷と呼ばれ,ほぼ根尾村の範囲に一致する。根尾川上流の本・支流の流路は,北西~南東の走向をもつ根尾谷断層に支配されているところが多く,根尾西谷川沿いの根尾村能郷から平野にかけての谷は,この断層谷にあたる。…

※「根尾谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

根尾谷の関連キーワード根尾川岐阜県揖斐郡岐阜県揖斐郡大野町岐阜県揖斐郡揖斐川町岡岐阜県揖斐郡揖斐川町小津岐阜県揖斐郡揖斐川町小野岐阜県揖斐郡揖斐川町塚岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見岐阜県揖斐郡揖斐川町長良岐阜県揖斐郡揖斐川町和田

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根尾谷の関連情報