コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根尾谷 ねおだに

4件 の用語解説(根尾谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根尾谷
ねおだに

岐阜県西部,揖斐川の支流根尾川中流部にある河谷。大部分は本巣市根尾に属する。 1891年の濃尾地震により生じた根尾谷断層 (→水鳥断層 ) は 1952年特別天然記念物に指定。古くからの林業地で,人工造林の美林が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねおだに【根尾谷】

岐阜県西部、根尾川の上流域の通称。美濃と越前とを結ぶ、古くからの交通路。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根尾谷
ねおだに

岐阜県南西部、越美(えつみ)山地を南流する根尾川の上流域にあたる谷。その最上流部から下流の根尾川東岸は本巣(もとす)市に、西岸は揖斐(いび)郡揖斐川町および大野町に属する。1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震のとき発生した、本巣市根尾水鳥(みどり)の活断層は有名である。かつては越前(えちぜん)との交流の多かった最奥部の諸集落は廃村化している。本巣市の根尾能郷の猿楽(さるがく)狂言、揖斐川町の谷汲徳積(たにぐみとくづみ)の古刹(こさつ)華厳(けごん)寺や谷汲踊りも有名。樽見(たるみ)鉄道延長開通(1989)で、地域の活性化が期待されている。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の根尾谷の言及

【根尾川】より

…本巣町山口で濃尾平野に出て扇状地を形成,扇端部で揖斐川に合流する。上流域は根尾谷と呼ばれ,ほぼ根尾村の範囲に一致する。根尾川上流の本・支流の流路は,北西~南東の走向をもつ根尾谷断層に支配されているところが多く,根尾西谷川沿いの根尾村能郷から平野にかけての谷は,この断層谷にあたる。…

※「根尾谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根尾谷の関連情報