コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根尾 ねお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根尾
ねお

岐阜県西部,根尾川中・上流域を占める地域。旧村名。 2004年2月,本巣町,糸貫町,真正町と合併して本巣市となった。古くからの林業地。 1891年濃尾地震でできた根尾谷断層 (特別天然記念物) は有名。根尾谷菊花石 (特別天然記念物) の産地。能郷には,北部にある能郷白山の里宮白山神社があり,4月に行なわれる例祭能狂言重要無形民俗文化財に指定されている。南部の樽見は樽見鉄道の終点で,天然記念物の根尾谷淡墨ザクラなどサクラの名所として知られる。国道 157号線,418号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根尾
ねお

岐阜県南西部、本巣(もとす)郡最北部にあった旧村名(根尾村(むら))。現在は本巣市の北部を占める一地区。2004年(平成16)本巣町、真正(しんせい)町、糸貫(いとぬき)町と合併、市制施行して本巣市となる。旧根尾村は、根尾川上流域にあり、その奥部はY字形に東西の谷に分かれている。東谷の奥部は1959年(昭和34)の伊勢湾(いせわん)台風、西谷の奥部は1965年の集中豪雨による災害で、急速に過疎化が進んだ。奥部以外では山林の緑化が進み、樽見(たるみ)鉄道の延長(1989年樽見まで開通)で東谷の地下資源の開発が期待される。国道157号、418号が通る。能郷地区の猿楽(さるがく)狂言は古い伝統をもち、国指定の重要無形民俗文化財である。また、1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震で生じた水鳥(みどり)地区の断層は有名で、根尾谷断層とよばれる。上下の変化6メートルに及び、菊花石とともに国指定特別天然記念物。断層の保存などのために「根尾谷地震断層観察館」がつくられている。また根尾谷淡墨(うすずみ)ザクラは国指定天然記念物である。[上島正徳]
『『根尾村史』(1980・根尾村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

根尾の関連キーワードNEOキャンピングパーク岐阜県下呂市小坂町落合岐阜県本巣市根尾水鳥うすずみ桜の里・ねお岐阜県本巣市根尾板所根尾谷の奥3区根尾谷の淡墨桜根尾谷淡墨桜菊花石加工品本巣[市]本巣〈町〉糸貫〈町〉真正〈町〉後藤 静一本巣(市)根尾〈村〉糸貫[町]本巣[町]水鳥断層阿寺断層

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根尾の関連情報