コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能郷白山 のうごうはくさん

4件 の用語解説(能郷白山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能郷白山
のうごうはくさん

岐阜・福井両県境に連なる両白山地西部越美山地にある山。別称権現山。標高 1617m。白山信仰の霊場として有名。里の宮,白山神社岐阜県本巣市根尾能郷にある。白山神社では,地名の由来でもある猿楽狂言が毎年4月 13日の例祭に演じられるが,これは能狂言の原形とみられており,1976年に「能郷の能・狂言」として重要無形民俗文化財に指定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のうごはくさん【能郷白山】

福井・岐阜両県境にある山。標高1617m。権現山ともいう。両白(りようはく)山地南部にあたる越美(えつみ)山地の主峰で,濃尾平野からも遠望できる。山体の主部は花コウセン緑岩から成り,山頂部に準平原起源の平たん面を残す。付近の山塊は濃尾地震との関連で知られる根尾谷(ねおだに)断層をはじめ,多くの断層で分断されている。太平洋側と日本海側の分水界をなし,冬は多雪,夏も雨が多く,開析が進んで急傾斜地をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県(岐阜県)〕能郷白山(のうごうはくさん)


福井・岐阜県境を占める越美(えつみ)山地の主峰。標高1617m。山頂に熊野(くまの)白山権現(ごんげん)神社奥社がある。一帯は白山信仰の影響が濃く、南麓(なんろく)の白山神社で奉納される猿楽(さるがく)狂言は岐阜県の無形文化財に指定。「のうごはくさん」とも読み、権現山ともいう。

〔福井県(岐阜県)〕能郷白山(のうごはくさん)


能郷白山(のうごうはくさん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能郷白山の関連キーワード足羽川両白山地鳥見山大喰岳三ノ峰白砂山人形山今庄[町]冠山〈越美山地〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能郷白山の関連情報