コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂ゆき かつらゆき

百科事典マイペディアの解説

桂ゆき【かつらゆき】

画家。東京生れ。本名雪子。旧名ユキ。第5高等女学校卒。中村研一に師事。1933年光風会入選。1935年の初個展でコラージュ作品を発表。その後二科会,女流美術家協会に発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂ゆき かつら-ゆき

1913-1991 昭和時代の洋画家。
大正2年10月10日生まれ。中村研一らに師事し,のちアヴァンギャルド洋画研究所にまなぶ。二科展に入選,二科会前衛グループの九室会の創立に参加。昭和21年三岸節子らと女流画家協会を設立した。平成3年2月5日死去。77歳。東京出身。東京府立第五高女卒。本名は雪子。作品に「異邦人」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂ゆき
かつらゆき
(1913―1991)

洋画家。東京生まれ。本名雪子。1931年(昭和6)東京府立第五高等女学校を卒業。アヴァンギャルド洋画研究所に学び、35年二科展に入選、38年二科会の前衛グループ九室会の創立に参加する。第二次世界大戦後の46年(昭和21)女流画家協会を同志と結成。50年には二科会会員となる。56~61年ヨーロッパ、アフリカ、アメリカへ旅行し、著書『女ひとり原始部落に入る』で毎日出版文化賞を受ける。66年現代日本美術展で『ゴンベとカラス』により最優秀賞を受けた。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

桂ゆきの関連キーワード昭和時代山本 孝桂弁三

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂ゆきの関連情報