コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村研一 なかむら けんいち

3件 の用語解説(中村研一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村研一

洋画家。福岡県生。弟は洋画家中村琢二鹿子木孟郎に師事した後、上京して岡田三郎助教室で学ぶ。東美校卒。帝展で連続特選を受け活躍。戦後は、婦人像・裸婦像の作家として知られた。日本芸術院会員。日展理事。サロン=ドートンヌ会員。帝国美術院賞受賞。昭和42年(1967)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村研一 なかむら-けんいち

1895-1967 大正-昭和時代の洋画家。
明治28年5月14日生まれ。中村琢二(たくじ)の兄。鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう),岡田三郎助にまなぶ。大正9年帝展に初入選。フランス滞在中,サロン-ドートンヌ会員となる。昭和6年帝国美術院賞。25年芸術院会員。昭和42年8月28日死去。72歳。福岡県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「弟妹集ふ」「コタ・バル」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村研一
なかむらけんいち
(1895―1967)

洋画家。福岡県生まれ。京都で鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)に師事ののち、東京美術学校に入り、岡田三郎助(さぶろうすけ)教室で学ぶ。1920年(大正9)同校を卒業して第2回帝展に出品、翌年帝展で特選、ついで無鑑査となる。23~28年(昭和3)滞仏、サロン・ドートンヌ会員。帝展で特選を重ね、30年第11回帝展に『弟妹集う』を出品、帝国美術院賞を受賞する。また『コタバル(上陸作戦)』(1942)で朝日文化賞を受賞。第二次世界大戦後は日展の審査員、常務理事となり、50年(昭和25)日本芸術院会員となる。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村研一の関連キーワード河野通勢黒田重太郎高畠達四郎油谷達有馬三斗枝田中万吉硲伊之助不破章松本弘二宮坂勝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村研一の関連情報