コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂巌慧芳 けいがん えほう

1件 の用語解説(桂巌慧芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂巌慧芳 けいがん-えほう

?-1546 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。尾張(おわり)(愛知県)常楽寺の喜叟周津(きそう-しゅうしん)の法をつぐ。天文(てんぶん)年間に加賀(石川県)の前田氏にまねかれ,玉竜寺の開山(かいさん)となった。天文15年8月28日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桂巌慧芳の関連キーワード足利義晴表千家黒田官兵衛孝高(よしたか)足利義輝ウルガタ黒田孝高国泰寺千少庵千道安武田勝頼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone