桂巌慧芳(読み)けいがん えほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂巌慧芳 けいがん-えほう

?-1546 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。尾張(おわり)(愛知県)常楽寺の喜叟周津(きそう-しゅうしん)の法をつぐ。天文(てんぶん)年間に加賀(石川県)の前田氏にまねかれ,玉竜寺の開山(かいさん)となった。天文15年8月28日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android