桂枝加黄耆湯(読み)けいしかおうぎとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

けいしかおうぎとう【桂枝加黄耆湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)桂枝または桂皮(けいひ)黄耆芍薬(しゃくやく)生姜(しょうきょう)大棗(たいそう)甘草(かんぞう)などを含む。寝汗多汗症あせも風邪(かぜ)の初期症状としての頭痛関節痛などに用いる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android