コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑岡貞佐 くわおか ていさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑岡貞佐 くわおか-ていさ

1672-1734 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文12年生まれ。榎本其角(きかく)にまなぶ。元禄(げんろく)14年水間沾徳(せんとく)と京都へ旅し,赤穂浪士大高源吾らとまじわる。翌年,源吾が記念に編集した句集が「ふたつの竹」である。江戸座の中心として活躍した。享保(きょうほう)19年9月12日死去。63歳。江戸出身。名は永房。通称は平三郎。別号に平砂,了我。編著に「そのはしら」「一番鶏」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桑岡貞佐の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ライプニッツオランダ戦争龍野城ウィリアム(3世)カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)デ・ウィット伊良子道牛河浪質斎近藤通賢

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone