コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑岡貞佐 くわおか ていさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑岡貞佐 くわおか-ていさ

1672-1734 江戸時代前期-中期の俳人。
寛文12年生まれ。榎本其角(きかく)にまなぶ。元禄(げんろく)14年水間沾徳(せんとく)と京都へ旅し,赤穂浪士の大高源吾らとまじわる。翌年,源吾が記念に編集した句集が「ふたつの竹」である。江戸座の中心として活躍した。享保(きょうほう)19年9月12日死去。63歳。江戸出身。名は永房。通称は平三郎別号平砂,了我。編著に「そのはしら」「一番鶏」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桑岡貞佐の関連キーワード皐月平砂(2代)神崎与五郎貞佐(1)貞佐(2)富岡有佐清水超波俳人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android