コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑田芳蔵 くわた よしぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑田芳蔵 くわた-よしぞう

1882-1967 大正-昭和時代の心理学者。
明治15年7月11日生まれ。弟に桑田六郎。ドイツに留学してブントにまなぶ。帰国後,母校東京帝大の教授,阪大教授などを歴任民族心理学研究の先駆者として知られ,日本心理学会会長をつとめた。昭和42年10月10日死去。85歳。鳥取県出身。著作に「ヴントの民族心理学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桑田芳蔵
くわたよしぞう
(1882―1967)

心理学者。鳥取県生まれ。1905年(明治38)東京帝国大学文科大学哲学科(心理学専修)の第1回生として卒業。同大学助手。1910年より1912年までドイツに留学、W・ブントに学び、以来、講師、助教授、教授、文学部長、東洋文化研究所所長を歴任する。のちに大阪大学法文学部教授。ブントの民族心理学につながる論文が多く、日本の社会心理学的研究の開拓者の一人である。著書に『ブントの民族心理学』(1918)などがある。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桑田芳蔵の関連キーワードブント(Wilhelm Wundt)昭和時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android