桜吹雪(読み)さくらふぶき

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「桜吹雪」の解説

さくらふぶき【桜吹雪】

広島の日本酒。酒名は、桜の花が舞うように潔くさわやかな酒でありたいとの願いを込めて命名。70%精米の「本醸造」、60%精米の「辛口純米」、50%精米の「大吟醸 神のいたずら」などがある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米はホウレイ、八反錦、千本錦など。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「金光酒造」は明治13年(1880)創業。所在地は東広島市黒瀬町乃美尾。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉「桜吹雪」の解説

さくら‐ふぶき【桜吹雪】

桜の花びらが風に乱れ散るようすを吹雪にたとえていう語。花吹雪 春》
[補説]作品名別項。→さくら吹雪
[類語]花吹雪花嵐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「桜吹雪」の解説

桜吹雪

広島県、金光酒造合資会社の製造する日本酒。大吟醸酒。全国新酒鑑評会で金賞の受賞歴がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「桜吹雪」の解説

桜吹雪
(別題)
さくらふぶき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
さくら吹雪
初演
明治44.3(東京・歌舞伎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「桜吹雪」の解説

さくら‐ふぶき【桜吹雪】

〘名〙 吹雪のように乱れ散る桜の花。花吹雪。《季・春》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android