コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜吹雪 サクラフブキ

デジタル大辞泉の解説

さくら‐ふぶき【桜吹雪】

桜の花びらが風に乱れ散るようすを吹雪にたとえていう語。花吹雪。 春》
[補説]作品名別項。→さくら吹雪

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さくらふぶき【桜吹雪】

広島の日本酒。酒名は、桜の花が舞うように潔くさわやかな酒でありたいとの願いを込めて命名。70%精米の「本醸造」、60%精米の「辛口純米」、50%精米の「大吟醸 神のいたずら」などがある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米はホウレイ、八反錦、千本錦など。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「金光酒造」は明治13年(1880)創業。所在地は東広島市黒瀬町乃美尾。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

桜吹雪

広島県、金光酒造合資会社の製造する日本酒。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さくらふぶき【桜吹雪】

桜の花びらが吹雪のように盛んに散ること。花ふぶき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

桜吹雪の関連キーワード坂東 寿三郎(3代目)祈―Inori夢の遊眠社陣出 達朗長谷川時雨椿ゆきこ小林祥子峰さを理野田秀樹五条まい大場一郎月吉野広島県補説細雪

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜吹雪の関連情報