花嵐(読み)はなあらし

精選版 日本国語大辞典「花嵐」の解説

はな‐あらし【花嵐】

〘名〙 桜のの咲くころに吹く。桜の花の咲くころ、花を散らせる強い風。また、その風によって花が激しく散ること。
※三高逍遙の歌・紅萌ゆる岡の花(1906頃)〈沢村胡夷〉「それ京洛の山に咲く 三年(みとせ)の春の花嵐」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「花嵐」の解説

はな‐あらし【花嵐】

桜の花の盛りのころに吹く強い風。また、その風で桜の花が散り乱れること。
[類語]花吹雪桜吹雪春一番春風しゅんぷう春風はるかぜ薫風風薫る緑風やませ涼風すずかぜ涼風りょうふう秋風野分き木枯らし空風寒風季節風モンスーン貿易風東風ひがしかぜ東風こち西風偏西風南風みなみかぜ南風はえ凱風北風朔風雨風波風風浪風雪風雨無風微風そよ風軟風強風突風烈風疾風はやて大風颶風暴風爆風ストーム台風ハリケーンサイクロン神風砂嵐つむじ風旋風竜巻トルネード追い風順風向かい風逆風横風朝風夕風夜風松風まつかぜ松風しょうふう山風山颪谷風川風浜風潮風海風陸風熱風温風冷風

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android