コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅の春 うめのはる

5件 の用語解説(梅の春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅の春
うめのはる

清元節の曲名。狂歌師四方真門こと長州藩主毛利元義の作詞。作曲は未詳であるが,文政 10 (1827) 年川口お直とする説が有力。元来は素浄瑠璃。早くから諸流の素踊りの振付がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うめのはる【梅の春】

清元。四方真門(よものまかど)(毛利元義)作詞、川口お直作曲で、文政10年(1827)にできたといわれる。隅田川付近の春の情景などをうたった御祝儀物の代表作。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

梅の春

古典落語の演目のひとつ。音曲ばなし。清元「梅の春」に基づく。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うめのはる【梅の春】

清元節。四方真門(よものまかど)作詞,川口お直作曲。1827年(文政10)の作品といわれる。真門は長州の毛利元義のことで,大田蜀山人の門人四方真顔について狂歌を学び,真門の名を得て判者になった際の披露にこの曲を作詞した。作曲者は江戸橋場の料亭の女主人。2世清元延寿太夫によって初演された。本来座敷で語られたものだが,御祝儀物の舞踊としても踊られる。隅田川近辺の風物をうたって上品でつやがあり,短いなかにもはなやかな曲調である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うめのはる【梅の春】

清元の一。四方真門よものまかど(毛利元義)作詞。作曲は川口お直に擬せられる。真門が狂歌の選者となった披露に作られた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone