コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅の春 うめのはる

5件 の用語解説(梅の春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅の春
うめのはる

清元節の曲名。狂歌師四方真門こと長州藩主毛利元義の作詞。作曲は未詳であるが,文政 10 (1827) 年川口お直とする説が有力。元来は素浄瑠璃。早くから諸流の素踊りの振付がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うめのはる【梅の春】

清元。四方真門(よものまかど)(毛利元義)作詞、川口お直作曲で、文政10年(1827)にできたといわれる。隅田川付近の春の情景などをうたった御祝儀物の代表作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

梅の春

古典落語の演目のひとつ。音曲ばなし。清元「梅の春」に基づく。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うめのはる【梅の春】

清元節。四方真門(よものまかど)作詞,川口お直作曲。1827年(文政10)の作品といわれる。真門は長州の毛利元義のことで,大田蜀山人の門人四方真顔について狂歌を学び,真門の名を得て判者になった際の披露にこの曲を作詞した。作曲者は江戸橋場の料亭の女主人。2世清元延寿太夫によって初演された。本来座敷で語られたものだが,御祝儀物の舞踊としても踊られる。隅田川近辺の風物をうたって上品でつやがあり,短いなかにもはなやかな曲調である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うめのはる【梅の春】

清元の一。四方真門よものまかど(毛利元義)作詞。作曲は川口お直に擬せられる。真門が狂歌の選者となった披露に作られた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅の春の関連キーワード梅廼門真門四方真顔清元清元羽織千葉県鴨川市江見西真門千葉県鴨川市江見東真門清元お悦清元斎兵衛(2代)前野真門四方真門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone