コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梨羽時起 なしば ときおき

2件 の用語解説(梨羽時起の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梨羽時起 なしば-ときおき

1850-1928 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)3年8月19日生まれ。有地品之允の弟。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。戊辰(ぼしん)戦争に従軍。維新後,海軍へはいり,日清戦争では赤城艦長,日露戦争では第一艦隊司令官,旅順口鎮守府艦隊司令官をつとめた。海軍中将。貴族院議員。昭和3年10月24日死去。79歳。本姓は有地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

梨羽時起

没年:昭和3.10.24(1928)
生年:嘉永3.8.19(1850.9.24)
明治期の海軍軍人。長州(萩)藩士の子。海軍中将有地品之允の弟。梨羽家の養子となる。鉄道・内務関係で測量に従事したのち,明治13(1880)年海軍に入る。「筑波」「肇敏」等の練習艦に乗り組む。日清戦争では「千代田」副長として黄海海戦,「赤城」艦長として威海衛で戦った。「橋立」「鎮遠」などの艦長を歴任。日露戦争では第1戦隊司令官を務めたが,旅順口閉鎖作戦中,主力艦「初瀬」「八島」がロシア機械水雷に触雷し爆沈,日本側に被害をもたらした。38年1月旅順口鎮守府司令長官に転任し,40年中将に進んだ。<参考文献>児島襄『日露戦争』2巻

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梨羽時起の関連キーワード徳川達成広瀬武夫有地品之允河村正彦実吉安純戸祭文造平野勇真木長義真鍋斌吉河為久蔵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone