コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梨羽時起(読み)なしば ときおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梨羽時起 なしば-ときおき

1850-1928 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)3年8月19日生まれ。有地品之允の弟。もと長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。戊辰(ぼしん)戦争に従軍。維新後,海軍へはいり,日清戦争では赤城艦長,日露戦争では第一艦隊司令官,旅順口鎮守府艦隊司令官をつとめた。海軍中将。貴族院議員。昭和3年10月24日死去。79歳。本姓は有地。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

梨羽時起

没年:昭和3.10.24(1928)
生年:嘉永3.8.19(1850.9.24)
明治期の海軍軍人。長州(萩)藩士の子。海軍中将有地品之允の弟。梨羽家の養子となる。鉄道・内務関係で測量に従事したのち,明治13(1880)年海軍に入る。「筑波」「肇敏」等の練習艦に乗り組む。日清戦争では「千代田」副長として黄海海戦,「赤城」艦長として威海衛で戦った。「橋立」「鎮遠」などの艦長を歴任。日露戦争では第1戦隊司令官を務めたが,旅順口閉鎖作戦中,主力艦「初瀬」「八島」がロシアの機械水雷に触雷し爆沈,日本側に被害をもたらした。38年1月旅順口鎮守府司令長官に転任し,40年中将に進んだ。<参考文献>児島襄『日露戦争』2巻

(山村義照)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる