コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棋聖戦 きせいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棋聖戦
きせいせん

(1) 1976年にスタートした読売新聞社主催の囲碁タイトル戦。第1期棋聖戦7番勝負は藤沢秀行9段と橋本宇太郎9段の間で行われ,藤沢が初タイトルを手中にした。各段優勝戦,選抜戦,最高棋士決定戦という独特の方式で挑戦者が決定される。また,5連覇以上した棋士には名誉棋聖の称号が与えられるが,99年までに藤沢秀行,小林光一の2名が資格を得ている。
(2) 1962年に創設された将棋タイトル戦。予選およびリーグ戦トーナメント戦を組合せた本戦で挑戦者を決め,タイトル保持者と5番勝負を争うもので年1回行われる。掲載紙は産経新聞

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きせい‐せん【棋聖戦】

囲碁の七大タイトル戦の一。昭和51年(1976)創設。決勝戦は七番勝負で行われ、勝者は棋聖のタイトルを手にする。連続10期以上タイトルを獲得した棋士は現役で、連続5期または通算10期獲得した棋士は現役で60歳以上に達したときまたは引退時に、名誉棋聖を名乗ることができる。
将棋の七大タイトル戦の一。昭和37年(1962)創設。五番勝負で行われ、勝者は棋聖のタイトルを手にする。通算で5期以上、棋聖のタイトルを獲得した棋士には永世棋聖を名乗る資格が与えられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

棋聖戦の関連キーワードブルガリア文学川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドーム新自由クラブ名人戦ロッキード事件アイヌ語学習塾座散乱木遺跡

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

棋聖戦の関連情報