棒鼻/棒端(読み)ボウバナ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ばな【棒鼻/棒端】

《「ぼうはな」とも》
棒のはし。棒の先。
《宿場の境界には棒杭が立っていたところから》宿駅のはずれ。
「街道の―の或る家には」〈鉄腸・花間鶯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の棒鼻/棒端の言及

【茶屋】より

…客に茶を出して休息させる茶店(ちやみせ)から発展した各種の飲食遊興店をいう。江戸時代,旅行者を対象として道中筋に出現した茶店は,途中の休息所であったから,当初は宿場を離れた山中などに開店したが,しだいに宿はずれ(棒鼻(ぼうはな))にまで進出して,これを立場(たてば)茶屋と呼んだ。宿駅保護のために,立場での食事や宿泊は禁じられたが,力餅などの名物とともに酒やさかな(肴)を提供するようになり,やがて給仕女を置いて客をひく店もできた。…

※「棒鼻/棒端」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android