コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚段塔 たなだんとう plate column

3件 の用語解説(棚段塔の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たなだんとう【棚段塔 plate column】

蒸留または吸収を行う塔の内部に一定の間隔で棚段を設けて気‐液接触を行わせるようにしたもの。蒸留の場合には工業的に最も多く用いられている。棚段(段板,プレートまたはトレーともいう)には蒸気またはガスが通過する孔があり,棚段上に液をためるための堰および下の棚段へと液を流下させる液降下部(ダウンカマー)が設けられている。最も簡単な棚段は円形の孔(普通は径数mm)を多数あけた図のaのような多孔板であるが,多く用いられているのは図のbのような構造の泡鐘段(バブルキャップトレー)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棚段塔
たなだんとう

段塔」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棚段塔
たなだんとう
plate towertray column

内部に一定間隔を置いて多数の棚段を設けた塔で、液‐ガス間または液‐液間の接触をよくし、異相間の物質移動を階段的に行う装置で、単に段塔ともいう。蒸留、ガス吸収あるいは液‐液抽出操作に広く用いられる。ガス、蒸気あるいは軽い液は塔の下方から入り、各棚段上の液と接触を繰り返しながら上昇し、液は上方より下降管あるいは間隙(かんげき)を通って塔内を流下する。もっとも普通に使われるのは、泡鐘塔(ほうしょうとう)や多孔板塔(目皿(めざら)塔ともいう)であるが、新しい形状の棚段もいろいろ考案されている。棚段塔はつねに液が棚段上にたまっており、液‐ガス、液‐液の接触が十分で効率がよく、操作も安定である。ただ充填塔(じゅうてんとう)に比べて高価であることと、圧損失が大きい欠点がある。[大竹伝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棚段塔の関連キーワード尿細管内港条播吸収熱交換教授非不胎化介入踏石再蒸留スペクトロメトリーガス吸収

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone