森 静子(読み)モリ シズコ

20世紀日本人名事典の解説

森 静子
モリ シズコ

大正・昭和期の女優



生年
明治42(1909)年12月25日

没年
平成16(2004)年1月31日

出生地
東京市赤坂区青山

本名
吉川 静栄(ヨシカワ シズエ)

旧姓(旧名)
木村 静子

経歴
父は新派の女形で、6歳の時に初舞台を踏む。子役として舞台に立ち、大正6年日活向島の映画「春の海」などに出演。11年大阪に移住。12年金森万象「貧者の一燈」のヒロインに起用され、マキノ映画製作所の専属となる。同監督の「咽び泣く魂」「悩める子羊」などに主演、「祇園情話・蕾のまゝ」で演じたヒロインの舞妓役が好評を博し、清純派女優として注目を集めた。13年帝国キネマに転社、14年同社が3分裂すると東邦映画に加わり、同社解散後は阪東妻三郎プロダクションに迎えられた。以後、時代劇の人気スターである阪妻の相手役として「雄呂血」「魔保露詩」「蛇眼」「狂へる人形師」など阪妻主演作のほとんどに出演。昭和5年松竹太秦、11年帝キネ太秦に転社。新興キネマ改組後は「悲しみの天使」「祇園祭」「青春街」など現代劇でも活躍。12年俳優の浅香新八郎と結婚。15年退社して夫の浅香と新生国民座を結成し実演に転じた。19年夫と死別、女優業から引退した。21年またいとこでタカラベルモント会長となる吉川秀信と結婚。他の代表作に「討たるゝ者」「恋とはなりぬ」「砂絵呪縛」「鼠小僧次郎吉」「堀江六人斬・妻吉物語」「前科もの二人女」「東郷盃」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

森 静子
モリ シズコ


職業
女優

本名
吉川 静栄(ヨシカワ シズエ)

旧名・旧姓
木村 静子

生年月日
明治42年 12月25日

出生地
東京市 赤坂区青山(東京都)

経歴
父は新派の女形で、6歳の時に初舞台を踏む。子役として舞台に立ち、大正6年日活向島の映画「春の海」などに出演。11年大阪に移住。12年金森万象「貧者の一灯」のヒロインに起用され、マキノ映画製作所の専属となる。同監督の「咽び泣く魂」「悩める子羊」などに主演、「祇園情話・蕾のまゝ」で演じたヒロインの舞妓役が好評を博し、清純派女優として注目を集めた。13年帝国キネマに転社、14年同社が3分裂すると東邦映画に加わり、同社解散後は阪東妻三郎プロダクションに迎えられた。以後、時代劇の人気スターである阪妻の相手役として「雄呂血」「魔保露詩」「蛇眼」「狂へる人形師」など阪妻主演作のほとんどに出演。昭和5年松竹太秦、11年帝キネ太秦に転社。新興キネマ改組後は「悲しみの天使」「祇園祭」「青春街」など現代劇でも活躍。12年俳優の浅香新八郎と結婚。15年退社して夫の浅香と新生国民座を結成し実演に転じた。19年夫と死別、女優業から引退した。21年またいとこでタカラベルモント会長となる吉川秀信と結婚。他の代表作に「討たるゝ者」「恋とはなりぬ」「砂絵呪縛」「鼠小僧次郎吉」「堀江六人斬・妻吉物語」「前科もの二人女」「東郷盃」などがある。

没年月日
平成16年 1月31日 (2004年)

家族
夫=吉川 秀信(タカラベルモント会長),孫=吉川 秀隆(タカラベルモント社長)

伝記
新興チャンバラ黄金時代―石割平コレクション 石割 平 編・著,円尾 敏郎 編(発行元 ワイズ出版 ’01発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android