コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森島庫太 もりしま くらた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森島庫太 もりしま-くらた

1868-1943 明治-昭和時代前期の薬学者。
慶応4年4月7日生まれ。ヨーロッパ留学後,明治33年京都帝大教授となり,のち医学部長。多数の生薬有効成分を発見,その薬理をあきらかにした。昭和18年3月18日死去。76歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森島庫太
もりしまくらた
(1868―1943)

薬理学者。医学博士。岐阜県出身。帝国大学医科大学卒業。助手となり1893年(明治26)ストラスブール大学薬理学教室に留学、シュミーデベルク教授に師事、マチン塩基ストリキニン鉄の生体内変化を研究。1898年帰国後、新設の京都帝国大学教授に就任、医科大学部薬理学講座を創設。漢薬石蒜(せきさん)塩基リコリンを発見、薬理・生理作用研究の基礎を確立した。京大医学部長、京大名誉教授。京大薬学科創設の貢献者である。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

森島庫太の関連キーワードレジスタンス文学戊辰戦争太平洋戦争東京(都)マキノ雅広早竹虎吉(初代)明治ブートレロフ旧ユーゴ諸国史(年表)オリベッティ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android