コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林収穫表 しんりんしゅうかくひょうyield table

2件 の用語解説(森林収穫表の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森林収穫表
しんりんしゅうかくひょう
yield table

林分収穫表ともいう。ある樹種について,施業上同一の取扱いを受けた同齢単純林から生産される 1haあたりの本数,材積,生長量などの標準的な値を,一定年齢 (普通5年) ごとに表示した図表。普通は地位別に作成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんしゅうかくひょう【森林収穫表 yield table】

普通には林分収穫表または単に収穫表とよばれており,ある樹種の林を一定の方法で取り扱った場合の林木の本数,大きさの変化を,土地の良否(地位)別に5年刻みに示した表である。主林木(間伐の際に残される木),副林木(間伐される木)およびそれらの合計について,基本的には胸高直径(地面から1.3mの高さの直径),樹高,本数,材積(幹の体積)を掲げているが,詳細なものは断面積(普通,胸高の断面積),形数(胸高直径を直径とし,樹高を高さとする円柱の体積に対する材積の割合),生長量などもあげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone