森田三郎(3)(読み)もりた さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田三郎(3) もりた-さぶろう

1945- 昭和後期-平成時代の自然保護運動家。
昭和20年7月7日生まれ。タクシー運転手をしながら,ごみ捨て場となっていた千葉県習志野市の谷津(やつ)干潟でごみ拾いをつづけ,機関紙を発行して保護を訴える。谷津干潟昭和63年国の鳥獣保護区に指定され,平成5年ラムサール条約登録地となる。習志野市議をへて,平成11年千葉県議。平成元年吉川英治文化賞。千葉県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android