コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊沢蘭軒 いざわらんけん

5件 の用語解説(伊沢蘭軒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊沢蘭軒
いざわらんけん

[生]安永6(1777).11.11.
[没]文政12(1829).3.17.
江戸時代後期の医学者で考証派に属す。福山藩医。名は信恬,字は澹甫,通称が辞安。医学を目黒道琢武田叔安に,本草を赤荻由儀,大田大州に,儒学を泉豊洲に学んだ。著書に『蘭軒遺稿』『居家随筆』『本朝医考補遺』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いざわ‐らんけん〔いざは‐〕【伊沢蘭軒】

[1777~1829]江戸後期の儒学者・医者。名は信恬(のぶさだ)。備後福山の藩医。門人に渋江抽斎(しぶえちゅうさい)、森枳園(もりきえん)らがいる。森鴎外の史伝「伊沢蘭軒」に描かれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊沢蘭軒 いざわ-らんけん

1777-1829 江戸時代後期の医師,儒者。
安永6年11月11日生まれ。儒学を泉豊洲,医学を目黒道琢と武田叔安,本草を太田澄玄にまなぶ。父のあとをつぎ,備後(びんご)(広島県)福山藩医となり,のち儒官をかねた。書誌学に通じ,狩谷棭斎(えきさい),頼(らい)山陽らとまじわる。文政12年3月17日死去。53歳。江戸出身。名は信恬(のぶさだ)。字(あざな)は憺甫(たんぽ)。通称は辞安。別号に葌斎など。著作に「蘭軒随筆」「葌斎詩集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いざわらんけん【伊沢蘭軒】

1777~1829) 江戸後期の儒者・医家。江戸の生まれ。名は信恬のぶさだ。江戸で考証学派の医師として有名になる。福山藩医。著書「蘭軒遺稿」「蘭軒医話」など。森鷗外に史伝小説「伊沢蘭軒」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊沢蘭軒
いざわらんけん
(1777―1829)

江戸後期の医者、儒学者。備後(びんご)国(広島県)福山藩医の家に生まれ、名は信恬(のぶさだ)、字(あざな)は憺甫(たんほ)、通称辞安、蘭軒は号。文化(ぶんか)(1804~1818)の初年に長崎に行き清(しん)国の医家と交わった。のち江戸に出て、医学を目黒道琢(どうたく)(1724―1798)、武田叔安(しゅくあん)(1700―1774)らに、本草(ほんぞう)を太田大洲(澄元(ちょうげん))(1721―1795)らに、儒学を泉豊洲(ほうしゅう)(1758―1809)に学んだ。儒学では狩谷(かりやえきさい)と同門で、ともに書を集め書誌学をよくした。父の跡を継いで福山藩医となり、儒官も兼ねた。門人には渋江抽斎(ちゅうさい)、森枳園(きえん)(立之(たつゆき))らがいる。なお森鴎外(おうがい)の史伝小説に『伊沢蘭軒』(1916~1917)がある。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊沢蘭軒の関連キーワード三角了敬阿部古仙神戸習悦行徳元穆佐藤圭陰沢田玄良辻元崧庵百々俊道守矢祥庵渡辺質

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone