コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊沢蘭軒 いざわらんけん

5件 の用語解説(伊沢蘭軒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊沢蘭軒
いざわらんけん

[生]安永6(1777).11.11.
[没]文政12(1829).3.17.
江戸時代後期の医学者で考証派に属す。福山藩医。名は信恬,字は澹甫,通称が辞安。医学を目黒道琢武田叔安に,本草を赤荻由儀,大田大州に,儒学を泉豊洲に学んだ。著書に『蘭軒遺稿』『居家随筆』『本朝医考補遺』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いざわ‐らんけん〔いざは‐〕【伊沢蘭軒】

[1777~1829]江戸後期の儒学者・医者。名は信恬(のぶさだ)。備後福山の藩医。門人に渋江抽斎(しぶえちゅうさい)、森枳園(もりきえん)らがいる。森鴎外の史伝「伊沢蘭軒」に描かれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊沢蘭軒 いざわ-らんけん

1777-1829 江戸時代後期の医師,儒者。
安永6年11月11日生まれ。儒学を泉豊洲,医学を目黒道琢と武田叔安,本草を太田澄玄にまなぶ。父のあとをつぎ,備後(びんご)(広島県)福山藩医となり,のち儒官をかねた。書誌学に通じ,狩谷棭斎(えきさい),頼(らい)山陽らとまじわる。文政12年3月17日死去。53歳。江戸出身。名は信恬(のぶさだ)。字(あざな)は憺甫(たんぽ)。通称は辞安。別号に葌斎など。著作に「蘭軒随筆」「葌斎詩集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いざわらんけん【伊沢蘭軒】

1777~1829) 江戸後期の儒者・医家。江戸の生まれ。名は信恬のぶさだ。江戸で考証学派の医師として有名になる。福山藩医。著書「蘭軒遺稿」「蘭軒医話」など。森鷗外に史伝小説「伊沢蘭軒」がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊沢蘭軒
いざわらんけん
(1777―1829)

江戸後期の医者、儒学者。備後(びんご)国(広島県)福山藩医の家に生まれ、名は信恬(のぶさだ)、字(あざな)は憺甫(たんほ)、通称辞安、蘭軒は号。文化(ぶんか)(1804~1818)の初年に長崎に行き清(しん)国の医家と交わった。のち江戸に出て、医学を目黒道琢(どうたく)(1724―1798)、武田叔安(しゅくあん)(1700―1774)らに、本草(ほんぞう)を太田大洲(澄元(ちょうげん))(1721―1795)らに、儒学を泉豊洲(ほうしゅう)(1758―1809)に学んだ。儒学では狩谷(かりやえきさい)と同門で、ともに書を集め書誌学をよくした。父の跡を継いで福山藩医となり、儒官も兼ねた。門人には渋江抽斎(ちゅうさい)、森枳園(きえん)(立之(たつゆき))らがいる。なお森鴎外(おうがい)の史伝小説に『伊沢蘭軒』(1916~1917)がある。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊沢蘭軒の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物沼波弄山伊豆大島アレクサンドル伊沢蘭軒賀川玄悦加藤美樹鞍馬獅子星条旗

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone