伊沢蘭軒(読み)いざわらんけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊沢蘭軒
いざわらんけん

[生]安永6(1777).11.11.
[没]文政12(1829).3.17.
江戸時代後期の医学者で考証派に属す。福山藩医。名は信恬,字は澹甫,通称が辞安。医学を目黒道琢武田叔安に,本草を赤荻由儀,大田大州に,儒学を泉豊洲に学んだ。著書に『蘭軒遺稿』『居家随筆』『本朝医考補遺』などがある。彼の伝記として森鴎外の史伝伊沢蘭軒』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊沢蘭軒 いざわ-らんけん

1777-1829 江戸時代後期の医師,儒者。
安永6年11月11日生まれ。儒学を泉豊洲,医学を目黒道琢と武田叔安,本草を太田澄玄にまなぶ。父のあとをつぎ,備後(びんご)(広島県)福山藩医となり,のち儒官をかねた。書誌学に通じ,狩谷棭斎(えきさい),頼(らい)山陽らとまじわる。文政12年3月17日死去。53歳。江戸出身。名は信恬(のぶさだ)。字(あざな)は憺甫(たんぽ)。通称は辞安。別号に葌斎など。著作に「蘭軒随筆」「葌斎詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いざわらんけん【伊沢蘭軒】

1777~1829) 江戸後期の儒者・医家。江戸の生まれ。名は信恬のぶさだ。江戸で考証学派の医師として有名になる。福山藩医。著書「蘭軒遺稿」「蘭軒医話」など。森鷗外に史伝小説「伊沢蘭軒」がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊沢蘭軒
いざわらんけん
(1777―1829)

江戸後期の医者、儒学者。備後(びんご)国(広島県)福山藩医の家に生まれ、名は信恬(のぶさだ)、字(あざな)は憺甫(たんほ)、通称辞安、蘭軒は号。文化(ぶんか)(1804~1818)の初年に長崎に行き清(しん)国の医家と交わった。のち江戸に出て、医学を目黒道琢(どうたく)(1724―1798)、武田叔安(しゅくあん)(1700―1774)らに、本草(ほんぞう)を太田大洲(澄元(ちょうげん))(1721―1795)らに、儒学を泉豊洲(ほうしゅう)(1758―1809)に学んだ。儒学では狩谷(かりやえきさい)と同門で、ともに書を集め書誌学をよくした。父の跡を継いで福山藩医となり、儒官も兼ねた。門人には渋江抽斎(ちゅうさい)、森枳園(きえん)(立之(たつゆき))らがいる。なお森鴎外(おうがい)の史伝小説に『伊沢蘭軒』(1916~1917)がある。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊沢蘭軒 (いざわらんけん)

生年月日:1777年11月11日
江戸時代後期の医師;考証家
1829年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android