植木等(読み)ウエキヒトシ

デジタル大辞泉の解説

うえき‐ひとし〔うゑき‐〕【植木等】

[1927~2007]俳優・歌手・コメディアン。愛知の生まれ。昭和32年(1957)コミックバンドハナ肇(はじめ)とクレージーキャッツ」に参加。テレビ番組「シャボン玉ホリデー」や映画「ニッポン無責任時代」などに出演し人気を集める。また、青島幸男作詞の「スーダラ節」「ドント節」「無責任一代男」「ハイそれまでヨ」など、多くのコミックソングをヒットさせた。平成5年(1993)紫綬褒章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

植木等【うえきひとし】

俳優・コメディアン・歌手。愛知県出身。東洋大学卒業。コミック・バンドの〈ハナ肇とクレージー・キャッツ〉のメンバーで,テレビのコント番組《おとなの漫画》,バラエティー《シャボン玉ホリデー》,映画の《無責任》シリーズなどで底抜けに明るい笑いを提供した。歌手としては《スーダラ節》《ハイそれまでョ》《ホンダラ行進曲》などをヒットさせた。〈わかっちゃいるけどやめられない〉〈お呼びでない〉〈無責任〉などの流行語を残し,映画《新・喜びも悲しみも幾歳月(いくとしつき)》などでは演技派俳優として活躍した。なお,映画の〈無責任男〉は植木の代名詞となっているが,本来は住職だった父親に似て生真面目な性格だったという。→谷啓

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植木等 うえき-ひとし

1927-2007 昭和後期-平成時代のタレント,俳優。
昭和2年2月25日生まれ。昭和32年ハナ肇のクレージーキャッツに参加。テレビ「シャボン玉ホリデー」や歌「スーダラ節」のヒット,映画「ニッポン無責任時代」で新タイプのコメディアンとして人気をあつめた。61年の映画「新・喜びも悲しみも幾歳月」などで脇役好演(日本アカデミー賞最優秀助演男優賞)。平成19年3月27日死去。80歳。三重県出身。東洋大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植木等の関連情報