無責任(読み)ムセキニン

デジタル大辞泉の解説

む‐せきにん【無責任】

[名・形動]
責任がないこと。「事故についての無責任を主張する」
責任を自覚しないこと。責任感がないこと。また、そのさま。「無責任発言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むせきにん【無責任】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
責任のないこと。責任を負わないこと。また、そのさま。 「 -行為」
責任を重んじないこと。責任感にかけること。また、そのさま。 「 -に引き受ける」 「 -な発言」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐せきにん【無責任】

〘名〙
① 責任がないこと。責任を負わないこと。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「蔭弁慶こそ無責任(ムセキニン)の空論と為り、罵詈讒謗の毒筆となる」
② (形動) 責任観念が乏しいこと。責任を重んじないこと。また、そのさま。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一四「其様な無責任なことを言ふ筈も有ません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無責任の関連情報