コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村正勝 うえむら まさかつ

1件 の用語解説(植村正勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村正勝 うえむら-まさかつ

1535-1592 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)4年生まれ。徳川家康の家臣。一向一揆(いっき)との戦いなどおおくの合戦に参加。天正(てんしょう)18年小田原攻めで相模(さがみ)(神奈川県)足柄をまもったとき,豊臣秀吉がまねいた女性たちを軍令にしたがいとおさなかった。このため秀吉の怒りをかい,領地を没収された。天正20年2月4日死去。58歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植村正勝の関連キーワードコボ文禄松平清康石川数正梅北国兼天荊天瑞院羽柴秀勝天草版疋田流

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone