コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椎原小弥太 しいはら こやた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椎原小弥太 しいはら-こやた

1840-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)11年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。元治(げんじ)元年(1864)の禁門の変では御所警護にあたる。慶応4年小銃五番隊の監軍として伏見に出陣。入京を強行しようとする幕府軍を阻止し,鳥羽・伏見の戦いのきっかけをつくる。同年1月5日淀橋の戦いで戦死。29歳。名は国寧。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

椎原小弥太の関連キーワード幕末武士天保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android