コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校田 コウデン

世界大百科事典 第2版の解説

こうでん【校田】

律令時代において田地の面積,地目,田主などを調査すること。校はしらべるの意。まれに検田ともいう。《日本書紀》によれば,大化改新に際して645年(大化1)8月に東国の国司に命じて田畝を校(挍)せしめたとされるが,これが最初である。6年ごとの班田収授の年には,班田に先立って国司が校田を行い,とくに畿内諸国では中央派遣の班田使(平安時代には校田使)が校田を行い,その結果を校田帳にまとめて太政官に報告することになっており,これを〈校田之政〉と言った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうでん【校田】

田地の状態を調査すること。検田。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

校田の関連キーワード平安時代(年表)条里制雑色田検注田図

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android