コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

校田 コウデン

3件 の用語解説(校田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐でん〔カウ‐〕【校田】

奈良・平安時代、諸国の田地の面積・品等などを調査すること。班田に先立って行われた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうでん【校田】

律令時代において田地の面積,地目,田主などを調査すること。校はしらべるの意。まれに検田ともいう。《日本書紀》によれば,大化改新に際して645年(大化1)8月に東国の国司に命じて田畝を校(挍)せしめたとされるが,これが最初である。6年ごとの班田収授の年には,班田に先立って国司が校田を行い,とくに畿内諸国では中央派遣の班田使(平安時代には校田使)が校田を行い,その結果を校田帳にまとめて太政官に報告することになっており,これを〈校田之政と言った

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうでん【校田】

田地の状態を調査すること。検田。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

校田の関連情報