コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田使 でんし

2件 の用語解説(田使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田使
でんし

古代に,中央から諸国に派遣された官人で,税帳の記載と水田や雑物を対照し,国司の非違を正すのを職掌とした。『東大寺文書』のなかに,天平宝字2 (758) 年の越前の田使の (げ。公文書) がみえている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんし【田使】

〈たつかい〉とも読む。奈良時代から平安時代初期にかけて,寺院または王臣家の荘園の経営にあたったものをいう。東大寺の創立後まもなく諸国に寺田(荘園)が置かれると,田使がその開発と経営にあたった。当初は造東大寺司の下級官人が派遣されたが(桑原荘など),天平神護年間(765‐767)になると寺僧が派遣され,荘使,佃使ともよばれた。また《続日本紀》には,土人,浪人と並んで王臣佃使の名が見える。田使に先行するものとして,令制前の田令(たつかい)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の田使の言及

【田使】より

…奈良時代から平安時代初期にかけて,寺院または王臣家の荘園の経営にあたったものをいう。東大寺の創立後まもなく諸国に寺田(荘園)が置かれると,田使がその開発と経営にあたった。当初は造東大寺司の下級官人が派遣されたが(桑原荘など),天平神護年間(765‐767)になると寺僧が派遣され,荘使,佃使ともよばれた。…

※「田使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田使の関連情報