コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田使 でんし

2件 の用語解説(田使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田使
でんし

古代に,中央から諸国に派遣された官人で,税帳の記載と水田や雑物を対照し,国司の非違を正すのを職掌とした。『東大寺文書』のなかに,天平宝字2 (758) 年の越前の田使の (げ。公文書) がみえている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんし【田使】

〈たつかい〉とも読む。奈良時代から平安時代初期にかけて,寺院または王臣家の荘園の経営にあたったものをいう。東大寺の創立後まもなく諸国に寺田(荘園)が置かれると,田使がその開発と経営にあたった。当初は造東大寺司の下級官人が派遣されたが(桑原荘など),天平神護年間(765‐767)になると寺僧が派遣され,荘使,佃使ともよばれた。また《続日本紀》には,土人,浪人と並んで王臣佃使の名が見える。田使に先行するものとして,令制前の田令(たつかい)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の田使の言及

【田使】より

…奈良時代から平安時代初期にかけて,寺院または王臣家の荘園の経営にあたったものをいう。東大寺の創立後まもなく諸国に寺田(荘園)が置かれると,田使がその開発と経営にあたった。当初は造東大寺司の下級官人が派遣されたが(桑原荘など),天平神護年間(765‐767)になると寺僧が派遣され,荘使,佃使ともよばれた。…

※「田使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田使の関連キーワード泥絵夷俘王朝時代山崎橋秋田県横手市平鹿町中吉田福島県双葉郡双葉町郡山群馬県伊勢崎市境伊与久奈良県奈良市月ヶ瀬尾山奈良県奈良市月ヶ瀬長引広島県福山市蔵王町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田使の関連情報