楚歌(読み)ソカ

世界大百科事典 第2版の解説

そか【楚歌 Chǔ gē】

中国,楚地方の歌謡,あるいはその形式にならった作品。漢代初年に広く流行した。項羽が漢の高祖と天下を争い,垓下(がいか)に包囲されたとき,包囲軍が〈四面楚歌〉したとあるように,元来は民衆的な流行歌謡であったと考えられるが,現在にのこるのは英雄や皇帝,皇族たちの作品とされるものが多い。項羽の〈垓下の歌〉,漢の高祖の〈大風の歌〉,戚夫人の〈永巷の歌〉〈舂歌(しようか)〉など,みな高ぶった感情を表現したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐か【楚歌】

〘名〙 中国で、楚の国の人の歌。楚調の歌。また、そのような歌を歌うこと。→四面楚歌
※太平記(14C後)二八「漢の兵是を囲める事数百重、四面皆楚歌(ソカ)するを聞て項羽今宵を限と思はれければ」 〔史記‐項羽紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楚歌の関連情報