業務執行社員(読み)ぎょうむしっこうしゃいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「業務執行社員」の解説

業務執行社員
ぎょうむしっこうしゃいん

持分会社において業務を執行する社員定款に定めがある場合を除き,社員が持分会社の業務を執行する。持分会社の業務は社員の過半数によって決定する(会社法590条1,2項)。業務を執行する社員を定款で定めた場合には,業務執行社員の過半数で決定する。ただし日常の業務については各社員が単独で行なうことができる。善管注意義務忠実義務のほか,任務を怠ったときには持分会社に対して連帯して損害賠償責任を負う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「業務執行社員」の解説

ぎょうむしっこう‐しゃいん ゲフムシッカウシャヰン【業務執行社員】

〘名〙 会社の業務を執行する権限責任を持つ社員。合名会社の各社員、合資会社の各無限責任社員など。
※商法(1899)一二一条「清算は業務執行社員之を為す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android