コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極性液体 キョクセイエキタイ

世界大百科事典 第2版の解説

きょくせいえきたい【極性液体 polar liquid】

分子内部に電気双極子をもっている液体。水やアルコールは極性液体の代表とされている。その特徴は,無極性の(電気双極子をもたない)分子からなる液体に比べて,一般にかなり大きな誘電率を有することにある。また,その蒸発熱と標準沸点との比(蒸発熱/標準沸点=蒸発のエントロピー)が,多数の無極性液体における場合のように,一定とはならないという性質がある。すなわち,一般に極性液体は,その分子が液体中で会合していることが多く,トルートンの通則(トルートンF.T.Troutonが1884年に発表),さらにそれをアメリカのヒルデブランドJ.H.Hildebrand(1915)が修正したヒルデブランドの規則には合わない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の極性液体の言及

【極性】より

…分子または化学結合において電荷分布に偏りがあるとき極性があるといい,それぞれ極性分子polar molecule,極性結合polar bondと呼ぶ。また極性分子からなる物質を極性化合物,液体を極性液体polar liquid,あるいは極性溶媒polar solventと呼び,極性のある置換基を極性基と称する。極性分子は双極子モーメントをもち,誘電率が比較的大きく,その液体は他の極性分子やイオン結合化合物をよく溶かす。…

【極性】より

…分子または化学結合において電荷分布に偏りがあるとき極性があるといい,それぞれ極性分子polar molecule,極性結合polar bondと呼ぶ。また極性分子からなる物質を極性化合物,液体を極性液体polar liquid,あるいは極性溶媒polar solventと呼び,極性のある置換基を極性基と称する。極性分子は双極子モーメントをもち,誘電率が比較的大きく,その液体は他の極性分子やイオン結合化合物をよく溶かす。…

※「極性液体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

極性液体の関連キーワードジョン・G. カークウッドオンサガーの式(誘電率)クロマトグラフィー日本科学史(年表)カークウッドの公式カークウッドオンサーガー非極性液体