コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極性液体 キョクセイエキタイ

2件 の用語解説(極性液体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょくせい‐えきたい【極性液体】

有極性液体

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょくせいえきたい【極性液体 polar liquid】

分子内部に電気双極子をもっている液体。水やアルコール極性液体の代表とされている。その特徴は,無極性の(電気双極子をもたない)分子からなる液体に比べて,一般にかなり大きな誘電率を有することにある。また,その蒸発熱と標準沸点との比(蒸発熱/標準沸点=蒸発のエントロピー)が,多数の無極性液体における場合のように,一定とはならないという性質がある。すなわち,一般に極性液体は,その分子が液体中で会合していることが多く,トルートンの通則(トルートンF.T.Troutonが1884年に発表),さらにそれをアメリカのヒルデブランドJ.H.Hildebrand(1915)が修正したヒルデブランドの規則には合わない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の極性液体の言及

【極性】より

…分子または化学結合において電荷分布に偏りがあるとき極性があるといい,それぞれ極性分子polar molecule,極性結合polar bondと呼ぶ。また極性分子からなる物質を極性化合物,液体を極性液体polar liquid,あるいは極性溶媒polar solventと呼び,極性のある置換基を極性基と称する。極性分子は双極子モーメントをもち,誘電率が比較的大きく,その液体は他の極性分子やイオン結合化合物をよく溶かす。…

【極性】より

…分子または化学結合において電荷分布に偏りがあるとき極性があるといい,それぞれ極性分子polar molecule,極性結合polar bondと呼ぶ。また極性分子からなる物質を極性化合物,液体を極性液体polar liquid,あるいは極性溶媒polar solventと呼び,極性のある置換基を極性基と称する。極性分子は双極子モーメントをもち,誘電率が比較的大きく,その液体は他の極性分子やイオン結合化合物をよく溶かす。…

※「極性液体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

極性液体の関連キーワード四重極双極子誘電分極極性分子磁気双極子電気双極子無極性分子デバイの式(双極子モーメント)ランジュヴァン関数ランジュヴァン‐デバイの式

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone