榊亮三郎(読み)さかきりょうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊亮三郎 さかき-りょうざぶろう

1872-1946 明治-昭和時代前期の仏教学者。
明治5年4月5日生まれ。西本願寺の文学寮教員,三高教授をへて,京都帝大教授となる。梵語(ぼんご)(サンスクリット)学を専攻。インドで仏典の梵文写本を収集した。昭和21年8月24日死去。75歳。和歌山県出身。帝国大学卒。著作に「梵蔵漢和四訳対校翻訳名義大集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榊亮三郎
さかきりょうざぶろう
(1872―1946)

明治~昭和期のサンスクリット学者。1895年(明治28)帝国大学文科大学(現、東京大学文学部)言語学科を卒業。三高教授を経て、1907年(明治40)新設の京都帝国大学文科大学文学科に迎えられ、3年間の外遊ののち梵語(ぼんご)学梵文学講座担当教授となって、1932年(昭和7)まで在任した。関西におけるフランス語およびラテン語教育の先達であり、とりわけサンスクリット学習をインド・イラン学の視野でとらええた日本最初の先覚者である。また国際的には『梵蔵漢和対校飜訳名義大集(マハーヴィユットパッティ)』の労作により著名である。[大地原豊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android