構造遺伝子(読み)こうぞういでんし

大辞林 第三版の解説

こうぞういでんし【構造遺伝子】

タンパク質のアミノ酸配列を支配し、またリボソーム RNA や t RNA などの一次構造を決定する情報をもった遺伝子。 → 調節遺伝子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の構造遺伝子の言及

【遺伝子】より

…mRNAを介して個々のポリペプチドに対応する二重鎖DNAの領域が,一遺伝子一ポリペプチド説にいうところの遺伝子である。このカテゴリーの遺伝子をシストロンまたは構造遺伝子とよぶ。これはポリペプチドの一次構造を決定する遺伝子という意味である。…

※「構造遺伝子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android