コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槍錆 ヤリサビ

デジタル大辞泉の解説

やりさび【槍錆】

端唄(はうた)うた沢。文政年間(1818~1830)の流行歌「与作踊り」の音頭をもとに、幕末に歌沢笹丸が歌詞を改め、節付けしたものという。「はさびても名はさびぬ」で始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

槍錆【やりさび】

端唄,うた沢の曲名。〈槍はさびても名はさびぬ……〉と浪人心意気を歌ったもの。槍を持って踊ることがあり,歌舞伎殺しの場面に用いられることがある。作者は不明。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やりさび【槍錆】

端唄はうた・うた沢節の曲名。文政年間(1818~1830)の流行謡「与作踊り」の音頭おんどを、幕末に歌沢笹丸が歌詞を改め、節付けしたとされる。浪人をうたった「槍は錆びても名は錆びぬ」から出た名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

槍錆の関連キーワード三遊亭 円若(初代)端唄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android