コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槓杆/槓桿 コウカン

デジタル大辞泉の解説

こう‐かん〔カウ‐〕【××杆/××桿】

梃子(てこ)1」に同じ。
銃の遊底(ゆうてい)を操作するための握り。
一方の端を構造体に固定した梁(はり)や肱木(ひじき)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の槓杆/槓桿の言及

【てこ(梃子)】より

…てこの原理は,アルキメデスが数学的に証明した。なお,はかりとして使用されるてこは槓杆(こうかん)と呼ばれる。【堀 幸夫】。…

※「槓杆/槓桿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

槓杆/槓桿の関連キーワードマス・コミュニケーション賑給(しんごう)資本の集積・集中てこ(梃子)資本蓄積梃子・梃梃子聴覚てこ加納

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android