コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準レンズ ひょうじゅんレンズ standard lens

4件 の用語解説(標準レンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準レンズ
ひょうじゅんレンズ
standard lens

焦点距離が画面の対角線の長さに近い写真レンズ。画角は 40°~60°程度である。35ミリ判では焦点距離 50mm前後,6センチ×6センチ判で 75~80mm前後。またデジタルAPS-Cサイズ(23.4mm×16.7mm)では 35mm前後,フォーサーズマイクロフォーサーズでは 25mmになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐レンズ〔ヘウジユン‐〕【標準レンズ】

写真レンズで、画角が45度を中心に40~60度のもの。35ミリ判では焦点距離50ミリメートル前後のレンズに相当する。人間の視角に近い。→広角レンズ望遠レンズ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

標準レンズ

 標準レンズの焦点距離は、カメラ画面サイズの対角線の長さとすることが多い。この数値は6×7判で90mm、35mm判では43mm(実際のレンズは50mm近辺が多いが)となる。35mmカメラの標準レンズは、ズームレンズの普及で影が薄くなっているが、実は安価で高画質を得られるレンズである。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんレンズ【標準レンズ】

三五ミリ判フルサイズのカメラで焦点距離50ミリメートルのレンズ。広角レンズ・望遠レンズに対していう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の標準レンズの言及

【レンズ】より

… 写真レンズの解像力はフィルムの解像力や引伸し倍率,テレビ用の場合は走査線の数などを考慮して決められ,一般に絞り開放時よりもいくぶん絞り込んだほうが解像力が向上する。フィルム画面の対角線の長さを画角に換算した値がほぼ50度のレンズを標準レンズといい,35ミリカメラではその焦点距離が約50mmである。これより焦点距離が長いレンズを望遠レンズ,短いレンズを広角レンズという。…

※「標準レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

標準レンズの関連キーワード画角焦点距離単焦点レンズ航空写真写真レンズ対角線超望遠レンズフランジ焦点距離ブリアンションの定理前側焦点距離

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

標準レンズの関連情報