コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準レンズ ひょうじゅんレンズstandard lens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準レンズ
ひょうじゅんレンズ
standard lens

焦点距離が画面の対角線の長さに近い写真レンズ画角は 40°~60°程度である。35ミリ判では焦点距離 50mm前後,6センチ×6センチ判で 75~80mm前後。またデジタルの APS-Cサイズ(23.4mm×16.7mm)では 35mm前後,フォーサーズマイクロフォーサーズでは 25mmになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐レンズ〔ヘウジユン‐〕【標準レンズ】

写真レンズで、画角が45度を中心に40~60度のもの。35ミリ判では焦点距離50ミリメートル前後のレンズに相当する。人間の視角に近い。→広角レンズ望遠レンズ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

標準レンズ

 標準レンズの焦点距離は、カメラの画面サイズの対角線の長さとすることが多い。この数値は6×7判で90mm、35mm判では43mm(実際のレンズは50mm近辺が多いが)となる。35mmカメラの標準レンズは、ズームレンズの普及で影が薄くなっているが、実は安価で高画質を得られるレンズである。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんレンズ【標準レンズ】

三五ミリ判フルサイズのカメラで焦点距離50ミリメートルのレンズ。広角レンズ・望遠レンズに対していう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の標準レンズの言及

【レンズ】より

… 写真レンズの解像力はフィルムの解像力や引伸し倍率,テレビ用の場合は走査線の数などを考慮して決められ,一般に絞り開放時よりもいくぶん絞り込んだほうが解像力が向上する。フィルム画面の対角線の長さを画角に換算した値がほぼ50度のレンズを標準レンズといい,35ミリカメラではその焦点距離が約50mmである。これより焦点距離が長いレンズを望遠レンズ,短いレンズを広角レンズという。…

※「標準レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

標準レンズの関連キーワードワイドアングルレンズ35ミリフィルム換算長焦点レンズ超望遠レンズ中望遠レンズ交換レンズ光学レンズ魚眼レンズ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標準レンズの関連情報