コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機能性心雑音(無害性心雑音) きのうせいしんざつおんむがいせいしんざつおん Functional (Innocent) Murmur

1件 の用語解説(機能性心雑音(無害性心雑音)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きのうせいしんざつおんむがいせいしんざつおん【機能性心雑音(無害性心雑音) Functional (Innocent) Murmur】

[どんな病気か]
 心臓を聴診すると雑音が聞こえるが、異常とはいえない場合をさし、病気ではありません。多くは子どもで聞かれますが成長すると消失します。高齢者でも、病気とはいえないが動脈硬化や弁の軽度の硬化により雑音が聞かれることがあり、広い意味で機能性雑音といえます。
[原因]
 一般に心臓の雑音は、血液が急に狭い部分を通過するときに血流速度が増加したり、弁を通して血液が逆流するときなどに、血液が渦(うず)を巻くように乱流になると生じます。
 子どもの心臓はおとなより血液を押し出す力が強く、血流速度が速いことなどから、左心室から大動脈弁を通して大動脈へと血液を押し出すときに乱流が生じて雑音が出ると考えられます。
 静かな部屋で注意深く聞くと、14歳以下の子どものほとんどで、これが聞こえるとの報告もあります。寝た状態で聴診したほうがよく聞こえ、興奮していたり、熱があるときや運動した後などでは聞こえやすくなります。また、貧血があったり、脈がゆっくりのときも大きく聞こえます。
 高齢者で聞こえる病的でない雑音は、大動脈弁や大動脈の一部が動脈硬化により硬くなることによって、血液の流れが乱流となることで生じます。
 病気ではないため症状はありません。
[検査と診断]
 心臓の診療に慣れた専門医が診察すれば無害性かどうかは判断できます。胸部X線写真や心電図を参考にする場合もあります。それでも診断に迷った場合には、心エコー検査(心臓超音波検査(「心臓超音波検査(心エコー)」))を行ない、診断は確定します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

機能性心雑音(無害性心雑音)の関連キーワードスポーツ心臓聴診聴診器何心地不死身プリマドンナ病は気から事に依ると冠循環浮腫(むくみ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone